Okurimono

カシミヤベビー服専門店 okurimono のブログです

ブログカテゴリー

最近の記事

カレンダー

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

過去の記事



Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • ブログ内を検索

形見分けが喜ばれた時代はもう昔。着物がいちばん厄介です。

  • 2017.11.14 Tuesday
  • 0

    春に他界した実母の遺品を整理しています。

     

    形見分けをしようとしたら、母の姉妹や親戚、全員からお断りされました。

     

    「自分のものも整理しているくらいだから、もう物は増やしたくない」

    「形見分けでもらったら、処分できない」

     

    形見分けは、個人の愛用品を通して思い出を共有する大切な儀式だと思っていたので

    ちょっとやるせない気持ちになったものの

     

    現在身の回りのものを整理しているという叔母曰く

    「本人にとっては宝物でも、残された人にとってはゴミ」。

     

    思い切りのいい発言に清々しくなりました。

     

    物が有り余っている現代です。

    本当にそうだなぁと思います。

     

     

     

    着物がいちばん厄介かもしれない        

     

    昔は、着物の形見分けは喜ばれた記憶があるのですが

    今はもっとも厄介な遺品じゃないでしょうか。

     

    近親者もそれなりの年齢になっているので

    着ること自体が体の負担になるから、と自分のものさえ着ないそうです。

     

    若い人は、背が高く、腕も長いのでサイズが合いません。

     

    その上、着物ってリセールバリューがないって知ってました?

     

    着物をリサイクルショップで売っても、たたみ1畳分で700円が相場だそうです。

    二束三文なんですね。

     

    高い値段で引き取ってもらえるのは、背が高い人でも着られる「振り袖」や

    状態の良い「訪問着」だけだそうです。

     

    特に、バブル期にしつらえた振り袖は高く売れるそうです。

    当時は、一般家庭でも100万円くらいするものを娘さんの成人式のために

    仕立てたようで、非常にものが良いのだとか。

     

    うちに残った大量の着物は振り袖なんてものは1枚もなく

    背の高い人が着れる訪問着もありません。

     

    さて、どうしたものか…。

     

    買うときはどれほど高かったのだろうと思ったら

    捨てられない自分がいます。

     

    なんというか、理由なき罪悪感に襲われるのですよね。

     

    最近お父さんを失くした友人も、そのお父さんさえ処分できずに残してあった

    亡きお母さんの着物を、捨てることができないと困っていました。

     

    捨てるに捨てられない連鎖…。

    形見分けで喜ばれないものの筆頭は、今や着物だと思います。

     

     

    着物は保管場所と管理に困る          

     

    着物を所持するにあったって何が一番問題かというと、保管場所と管理です。

     

    洋服のようにたたんで収納することができないので、小さくするにも限界がある。

    非常に場所を取るんですよね。

     

    しかも、シャツやセーターのように何枚も重ねて収納できない。

     

    実際、無造作に何枚も重ねて保管していた着物には、カビが生えていました。

     

    重ねていいのは3枚までとルールを作って徹底したら、案の定

    とんでもなく場所をとってしまいました。

     

    さらに管理。

     

    年に1度、陰干しするといいと聞いたので

    天気の良い日を選んでコツコツ干してみたんですよ。

    そしたら、全部終わるまで、まるっとひと夏かかってしまいました。

     

     

     

    「民族衣装を着るのに特別な技術がいるのは日本だけ」だと

    着付けをしてくださった美容師さんから聞きました。

     

    高価なのにリセールバリューがなくて、保管場所はとるし、管理は大変。

    しかも気軽に着れないとなれば、着物文化は廃れていく一方だと思った次第です。

     

    さてさて、お直しをすれば着れる着物もいくらか残してます。

    安いところでも袖と丈を直せば12,000円くらいはかかるのですよ。

    このままタンスの肥しで終わりそうな気もしています。

     

    いや、困ったなぁ。




    食べるものが生きる力になっていくのを、これほど実感したことはない

    • 2016.01.07 Thursday
    • 0
      口に入れるものがエネルギーになって、人は生きているんですね。

      80歳になる実母が急に食欲がなくなりました。食欲がなくなると同
      時に体力もなくなり、伏せていることが多くなりました。坂道を転げ
      落ちるように、持病が次々と悪化していきます。体重も急激に落ち
      ていきます。

      生きることは食べること、排せつすることだと思っています。これま
      で身近な人の死をみてきて思うのですが、人は食べることができな
      くなると急激に弱っていくものです。最期は排便排尿ができなくなっ
      て死に至る。

      これはマズい。毎日母の元に通い、3度の食事を作っています。

      我が家の食事は、健康のために加工品をなるべく使わないように
      しています。調味料も本物を使い、添加物は極力避ける。

      いちから作る食事は手間がかかりますが、問答無用に美味しい。
      味噌から手作りした味噌汁なんて、すぅ〜っと体に染みわたります。
      そういった生活を長く続けているので、添加物の味を受け付けなく
      なっているくらいです。

      対する母は、加齢で食事の支度がおっくうになったのもあるし、わ
      たしを育てた時代に食品添加物や加工品の恩恵を受けたこともあ
      って、抵抗感はありません。この数年間は加工品中心の生活でし
      た。

      わたしが食事を作り始めると、母の食欲が少しずつ戻ってきました。
      母を見ていると、口に入ったものが明日の命になっていくのがよく
      わかります。目に力が出て、声に張りが出ます。昨日は歩けなかっ
      たのに、今日は歩ける。

      量を食べられなくなると、とたんに質が問われます極限の状態
      になると、僅かな違いが生死を分けます


      カチンコチンの冷食のほうれん草やニンジンじゃなく、生のものを
      新鮮なうちにいただきたいと思うのです。

      だって、栄養素が母の体力となって可視化できるんですよ。ちょっ
      と簡単に済まそうかなんてことはよくやってましたが、今は一食た
      りともおそろかにできない。新感覚を味わっています。

      高齢者の低栄養が社会問題になっていますね。高齢者の食事は
      野菜中心がいいと言われてきましたが、先日ケアマネージャーを
      している友人に聞いたところによると、肉を積極的に摂るようにと
      指導が変わってきた
      そうです。

      食事をしっかりとっているつもりでも、栄養が足りていないというこ
      ともあるんだそうです。低栄養になると、筋肉や血管が弱って、転
      倒や骨折をしやすくなります。脳出血の恐れも出てくるし、免疫
      力が落ちることで肺炎などの感染症にもかかりやすくなる。


      肉や魚のようなタンパク質に加えて、ビタミン類やミネラルなど、生
      の野菜や鮮度のいい食べ物からじゃないと摂れないものがありま
      す。量が食べられない高齢者とっては、少量でも良質な食事が
      大切
      だと痛感しています。

      若い人でも隠れ低栄養はあると思ってます。ただ、それが高齢者
      のように即いのちに関わることがないだけ。コンビニのカップラー
      メンのようなものだけ食べていても、表面上は生きて行くことはで
      きますから。

      でも、あれって食べ物の姿かたちはしているけれど、栄養的には
      カスです。そこから命はもらえません。そんな食生活が続くと、体
      だけじゃなく心にも影響がないワケがない。そう思ってます。

      加えて、食事が楽しいことも重要ですね。幼稚園が冬休みの息子
      が一緒ということもあって、母との食事はいつも賑やかです。わたし
      の作る食事も美味しいと喜んでくれて、食事の時間が楽しいと言い
      ます。

      そんなわけで、一時は寝たきりになるかと心配しましたが、徐々に
      回復しつつあります。もっと元気になってもらうために、がんばりま
      すよ。

      1日1日の大切さが身に沁みますねぇ。1回1回の食事の積み重ね
      が、命をつないでいくんだなぁ。

      さぁ、明日は何を作ろう?


       
      ブログランキング・にほんブログ村へ  



      猫の本能がよみがえる、猫砂変えたらトイレの失敗がなくなりました

      • 2015.11.13 Friday
      • 0
        うちの推定10歳の小春ちゃん。トイレでおしっこができなくなって早
        2年が経ちました。

        それがたったひとつ、あるものを変えただけでできるようになったん
        です!

        砂かけが本能を呼び覚ます

        この2年ほどは、様子を見てトイレに連れていかないと、自力では
        トイレに入らない状態でした。

        もよおしたときに出かけていたり、寝ていたりで介助できないと、部
        屋のどこかにちっちゃな湖が出来るのが日常です。

        そろそろ猫用おむつを着用しようかなぁ、と考えていた矢先、お店
        で相談してみたんです。

        おむつの前にダメ元で、最終兵器を投入してみましょうということに
        なりまして。

        これがそのリーサルウェポン。

        ただの猫砂です、ハイ。

        市販の砂の中でいちばん粒子の細かいものに変えてみました。
        名付けて「
        猫の本能を呼び覚ます」作戦。

        猫砂を変えて1日目。小春ちゃんをトイレに連れて行くと、ザッシュ
        ザッシュと砂を掘る。砂を変える前にはしなかった行為です。

        それから10日後。トイレの時間に出かけていたので、帰ってきたら
        掃除から始めないと・・・と帰宅。するとなんとトイレにおしっこをした
        跡がある。

        連続で成功とはいかないけれど、今日も夜中にトイレでしてました。
        このまま成功体験を重ねていってほしいと思っているところです。

        夫とふたり、反省してるんです。

        これが以前使っていた猫砂です。砂といっても固まる紙の粒つぶ
        タイプ。

        これって人間のエゴなんですよね。トイレで流せるし、ホコリも飛び
        散らないので汚れない。でも、気に入ってたのは人間で、猫じゃな
        い。


        小春ちゃんは過去の事故で脚が悪くて、大きな砂の粒だと足場が
        悪かったのだと思うのです。現に粒子の小さなものに変えたとたん
        トイレの中でふらつくことがなくなった。

        大きな紙砂の粒は「掘りにくい」だろうし、「掘り甲斐」もないだろうし。
        そんな小さな積み重ねがトイレ嫌いにしていたのだろうと。

        そしてさらに大切なことですが、猫には柔らかい地面を掘り起こし
        て排せつするという本能がある
        んですね。

        排せつ前に「掘る」ことが重要で、掘ることによって排せつの欲求
        が高まる
        のだそうです。

        排せつをしたあとに雄叫びを上げて家中を走り回るという話を、猫
        を飼っている人からよく聞きます。

        掘る⇒排せつの欲求が高まる⇒本能が呼び覚まされる⇒掘る
        小春ちゃんもこのサイクルがうまく回せるようになるといい。

        ところで、砂を変えたことでもう一匹の元気な猫の本能も全開にな
        ってしまいました。

        終日トイレに籠って猫砂を掘りまくり、家中にまき散らす。一時はど
        うしようかと思ったほどです。(数日で飽きました)

        しかも唸り声をあげてものすごい形相で掘るもんだから、ちょっぴり
        怖くなったわたしです(笑)

        猫がトイレで用を足さなくなったときのチェック項目には
        ・トイレの場所が落ち着かない
        ・トイレが汚い
        ・砂が気に入らない
        などなど、いろんな理由があるようです。

        基本はシンプル。猫の本能が嫌う何かを取り除けばいい

        猫砂を変えただけでこんなに違うなんて、早く気づいてあげれば
        よかったと思ってます。

        したらね〜。


         
        ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 猫ブログへ



        猫の効用:嫌なことは嫌だと言い、老いて死ぬ姿を見せてくれる

        • 2015.06.30 Tuesday
        • 0
          ■ 限度を知る
           
          息子が生まれた時には猫がいたわけですが、赤ちゃんのときはひ
          と噛みが致命傷になり兼ねないので、「小春が息子に」悪さをしな
          いか神経を使った時期もありました。


           
          ところが今や立場は逆転ですよ。最近は、「息子が小春に」何かし
          ないか心配しないといけなくなってます。あっという間でしたよ、ほ
          んと。
           
          言葉が未発達な小さな子ども同士のケンカは、口や手が出たりし
          てちょっと動物的なんだけれど、今の息子と小春はまさしくそんな
          感じ。どちらかというと小春の方が我慢強かったりするのが面白い。
           
          「小春ちゃんは脚が悪いんだから、優しくするんだよ」事あるごとに
          言い聞かせていたせいか、彼なりに理解して手加減してる様子で
          す。でもそこはまだ3歳児だから、たまには小春を怒らせることもあ
          る。
           
          「小春ちゃんは嫌だとガブってするんだよ」泣くことはあっても仕返
          しはしない。彼なりに「やり過ぎた」ことを理解してるんじゃないか
          なぁ。
           
          1人っ子で兄弟げんかする相手もいないから、自分がやったことの
          結果をストレートに返してくれる小春は、いい相棒です。
           
          あと数年したら息子はもっと活発になり、小春はじぃさんになる(オ
          スなんです、アハハ)。ケンカにならなくなるその日まで、仲良くケ
          ンカしていなさいな、あんたたち。
           
          ■ 老いて、死ぬ
           
          祖父母と同居することが少なくなって、老いや死が身近にない子
          どもが増えてますよね。


           
          老いていくこと、体の自由が利かなくなること、病気で苦しむこと
          死ぬこと。それを見せてくれる存在として、動物を飼うことの意義
          は大きいと思う。
           
          よく、死ぬのが可愛そうだから飼わないという人がいますけど、生
          き物はみんな死ぬわけじゃないですか。

          見ないようにするんじゃなくて、ごく普通のこととして受け入れるこ
          と、そして自分の中で納得いくまで消化すること。それが人間とし
          ての強さを形成していくと思うんです。
           
          動物を飼うことは命を預かること。死も含めてその重みを感じてほ
          しいと思うし、死別を悲しんだり、それを乗り越えたりしながら、生
          きることや命のはかなさも学んでほしい。
           
          猫は2歳で24歳、それからは1年毎に人間の4倍のスピードで年を
          取っていきます。猫の一生は短いから、いろんなものを凝縮して
          見せてくれる。言葉で伝えることが難しいことも、経験させてくれる。
           
          今は起きることを何の疑問も持たずにそのまんま受け入れている
          息子が、成長するにつれどう変化していくのか。猫を飼ってよかっ
          たと思えるはずだ。母さんは信じてますよ。
           
          そう信じているからこそ、猫アレルギーの母は今日もせっせと掃除
          する。
           
          したらね〜。

           
          ブログランキング・にほんブログ村へ



          風邪で寝込んで1週間、家事はなんでもこなす夫でよかった!男性も家事をやるメリットたくさんあります

          • 2015.06.09 Tuesday
          • 0
            ギックリ腰が完治しないうちに風邪で寝込み、気づけばブログ更新
            が1週間滞ってました。
             
            我が家では夫が普段から何でもやる人なので、こんな時ものすごく
            心強い。子どものことも家のこともお任せして、心置きなく寝込んで
            られます(笑)
             
            普段から夫の動きを見ている幼い息子も、物心つかない時から自
            然に真似してます。毎朝モップもかけてくれるし洗濯物も畳んでく
            れて、3才にしてすでにプチ戦力。
             
            こんな環境で育つ息子は、成人しても、料理や洗濯そうじなどの家
            事全般を当然のこととしてやるでしょう。もしわたしに娘がいたら
            そういう男性と結婚するようおすすめしますね。

            男性が家事をやるメリットって、考えてみたらたくさんあるんです。
            でも、その前に・・・。
             
            ■ 刷り込みから自由になろう
             
            まずは社会や家庭で刷り込まれてきた価値観から自由になること。
            そこからじゃないかなぁと思います。
             
            わたしたちの親世代は専業主婦全盛期で、圧倒的に家事は女性
            が担っているパターンが多かった。そんな親の背中を見て「女性が
            家事をやるものだ」と思っている男性は多いし、「家事ができて女と
            して一人前」くらいの価値観の女性も多い。
             
            そんな価値観引きずりながらだと、犠牲感ともなったり罪悪感抱え
            たりで、ちっともハッピーじゃないよねって思うんです。
             
            夫は「本当は自分がやることじゃないのに」とか「尻に敷かれてる
            みたいで恰好悪い」とか抵抗感持ちながら。妻は「本当は自分が
            やらないといけないのに」なんて罪悪感を抱えたりしながら・・・。
             
            新たな家庭内紛争の火種にさえなりそうです、怖っ。
             
            まずは、そういった社会通念や刷り込みは捨てましょう。社会が変
            化して久しいのに、昭和の残像に縛られるなんて、百害あって一
            利なしです。
             
            ■ 生きていくうえで最低限必要な力
             
            家事は生きていくうえで最低限必要な力」これに尽きます。男性
            だろうと女性だろうと、独身だろうと結婚していようと、得意だから
            好きだからというレベルの話でもなく、生きていくうえで必須なんで
            す。
             
            毎日コンビニのお弁当では健康管理できないし、掃除も洗濯もし
            ない人が社会生活を営むのはかなり困難。考えれば考えるほど
            家事をせずに生活が成り立っている人がいるということが不思議
            です。いろんな意味で不健康ですよ。
             
            ■ 一人でもできるか
             
            実家にいる間は、親に管理してもらっていることって多いんですよ
            ね。一人暮らしして親の影響下から離れてみると、自分が本来持っ
            ている性質みたいなものが出るなぁと思います。え?自分ってこう
            いう人だったの?!みたいな。
             
            部屋が散らかっていても文句言う人はいないし、食べ物も何食べ
            たって注意されないでしょ。そんな環境でいかに自分を律すること
            ができるか。まずは一人でできて、次に人と一緒でもできるといい。
            そうすれば相手の立場も思いやれる。そんな風に思います。
             
            ■ 男性もプレッシャーから解放される
             
            男性が家計を支えていくという考えはすでに薄れてきてるんじゃな
            いかなぁ。給料は上がりにくくなってるしリストラの危険もある。そん
            な時代だから、夫婦であれば家事をシェアして家計や将来設計も
            シェアするって、特別な考えじゃないと思います。
             
            男性も一家を支えていくというプレッシャーから解放されるし、転職
            したいときもリスク分担できていれば挑戦しやすい。妻の海外転勤
            についていくなんて選択肢もできるし、人生がぜん面白くなる。
            軽やかで自由でいいじゃないの〜。
             
            ■ 産後クライシス
             
            出産直後から妻の夫への愛情が急速に下がる「産後クライシス」は
            男性が積極的に家事を担当してくれることで、危機から脱出できる
            ことも多いと思うんですよね。

            寝不足で身体は極限まで疲れてるのに、家事なんてできませんよ。
            自分がいちばん辛いときに支えになってくれた人ってありがたいもん
            ですが、産後はポイント高いです。普段何もやらない人でも一発逆
            転のチャンス、たぶん。
             
            ■ リスクヘッジ
             
            あまり考えたくないけど大いにあり得るのが離婚。北海道は沖縄に
            次いで離婚率第2位ですからねぇ。(総務省「人口動態統計」2014年9月11日公
            表より) 他にも、
            夫婦のどちらかが病気や怪我で働けなくなるとか
            死別するとか、人生にはリスク満載です。
             
            家のことは妻任せでずっといけたらいいけれど、その妻に何かあっ
            たらどうする?家事やってない人は、家のどこに何があるのかわか
            らない人が多いですが、そんなレベルじゃパニック必至ですねぇ。
            人生のリスク対策は生命保険だけじゃないと思うよ。
             
             
            男女平等を声高に叫ぶつもりは毛頭なく。誰でも自分の身の周りの
            ことは自分でできたほうが、よりよく生きられるってだけ。
             
            あー、夫が何でもやる人でほんとよかったぁ。

            これがいちばん言いたかったかも(笑)

            したらね〜。



             
            ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ にほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへ



            ペットを飼うとお金がかかる、うちの猫の医療費を計算してみた

            • 2014.08.08 Friday
            • 0
              日本初 カシミヤベビー服専門店okurimono店主竪谷の妻の
              方です。
               
              十勝総合振興局から、動物愛護週間行事のパネル展に展示す
              る写真募集のお知らせがきました。去年12月に保健所から引
              き取ったモコの写真を選定中です。
               


               
              ペットを飼うとお金がかかるという話をよく聞きますが、先
              日はもう一匹の小春の通院に1万円札が消えてゆきました。
              親戚の犬は、最後の2日間の入院代に20万円かかったそうです。
               


               
              我が家の猫たち、一体いままでどのくらいの医療費がかかっ
              たのだろうか?

              ふと思い立って計算してみました。
               
              2011年に保護した捨て猫の小春    172,349円
              2013年に引き取ったモコ          67,754円
              合計    240,103円
               
              計算しなければよかったと、ちょっと後悔。

              1匹だったときは月4,381円、2匹になってからは月13,500円
              かかっていることになります。
               
              他に餌と猫砂などの費用に月5,000円ほど。これも2匹になっ
              てから倍になりました。猫好きな人にありがちな『2匹いれ
              ば3匹も一緒』なんてことは、絶対にありません。
               
              経済的な理由で飼い主が保健所に持ち込む犬猫も多いと聞い
              ています。健やかなるときも、病めるときも・・・富めると
              きも、貧しいときも、ずっと一緒にいたいものです。

               
              ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ にほんブログ村 猫ブログへ