Okurimono

カシミヤベビー服専門店 okurimono のブログです

ブログカテゴリー

最近の記事

カレンダー

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

過去の記事



Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • ブログ内を検索

外の小生物に気を付けたいカシミア

  • 2014.05.30 Friday
  • 0
    釧路では4月上旬にでたフキノトウ。
    今ではフキの葉が大きくなり始めています。
    みなさん草原にいくといろいろな虫が目につくと思います。



    実は目に見えないレベルですとものすごい数の生物がいるのをご存
    知でしょうか? 
    林業試験場の果樹栽培講習会に参加したとき、顕微鏡を使って葉の
    表面をみるとびっしり微生物がいました。



    カシミヤなど羊毛の最大の欠点である虫食い犯人は、2種類の昆虫の
    幼虫です。参照ブログ2013/12/21

    特にヒメマルカツオブシ虫は、5ミリくらいでカナブンに似ています。
    マーガレットなどの花によくいますね。
    虫の親は、子供の餌となるものに卵を産み付けます。

    植物のあるところは虫のすみかでもあります。
    くれぐれも外に出た時にはご注意ください。
    卵がついている恐れがあるときは、防虫剤やアイロンのスチームを当てると
    効果がありますよ。



    また、保管するときは1階よりも2階など、虫が高いこところまで
    飛んでこない場所がいいと言われます。
    虫の生態を知ると、対策も見えてきます。