Okurimono

カシミヤベビー服専門店 okurimono のブログです

ブログカテゴリー

最近の記事

カレンダー

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

過去の記事



Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • ブログ内を検索

ベビー服に多い”白”のイメージと効果、まとめ

  • 2014.12.11 Thursday
  • 0
    北海道釧路市のカシミヤベビー服専門店okurimonoの竪谷典子
    です。
     
    ピンクブルーに引き続き、今日は白という色の持つイメージと人
    の心理に働きかけるコトについてのお話です。
     
    色の持つイメージは国や時代によって違うものですが、白はどの
    文化圏でもかなり共通しているのが特徴です。
     
    多くの宗教で最も神とつながる色でもありますね。神道では神主
    や巫女の基本の装束は白衣、白袴。神具の器は白、神棚も白木
    作り。禊(みそぎ)の儀式では白を着る。キリストは「雪のごとく真
    白な衣」を着て現れ、白い天使が登場。ウェディングドレスは言
    わずもがな白。

     
     
    イメージは純粋、神聖、清潔、無垢、明るい、平和、自由、善、潔
    白。赤ちゃんが身にまとう色としては、これ以上のものはありませ
    んね。
     
    よいイメージがある一方で、汚すことへの恐れから緊張感を与え
    る色
    でもあり、何もないというところから虚無感に通じ、
    つながってくる色でもあります。
     
    白無垢は嫁ぎ先の色に染まる純潔と忠誠を表す色ですが、同時
    に二度と実家に戻らない決意の死を象徴していることは有名です。
     
    中国では白は伝統的な喪服の色とされ、弔事を白事といいます。
    実は日本の喪服も最初は白でした。平安時代には独特な灰色と
    なり、また白に戻ったあと、明治後半になって西洋式の黒になり
    ました。死者の白装束はその名残なんですね。
     
    お遍路さんや修験道の白装束も花嫁の白無垢も、新たな自己を
    再生していくという意味が含まれ、純粋無垢につながることから死
    者の魂の浄化や死の汚れをはらう意ともされています。白は始ま
    りと終わりの色
    と言ってもいいでしょう。
     
    意外にも、ファッションにおいては非常に難しい色でもあるそうで
    す。ピュアホワイト(純白)と言われる色は緊張感があて、大量に
    取り入れると近寄り難い雰囲気になってしまうことも。

     
     

    無彩色のため色名は少ないのですが、それでもオフホワイト、ソフ
    トホワイト、真珠の白い色を表すパールホワイトなど、真っ白以外
    にも種類があります。

    わたしはピュアホワイトを顔回りに持ってくると肌が青白くなってし
    まい似合わないということが最近わかりました。シャツやTシャツなど
    顔回りに配置されることが圧倒的に多いのが白ですよね。

    自分に似合わない白を身に着けてしまわないように、男女とも、自分
    に似合う白を知っておくことをお勧めします。

     
    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ にほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへ