Okurimono

カシミヤベビー服専門店 okurimono のブログです

ブログカテゴリー

最近の記事

カレンダー

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

過去の記事



Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • ブログ内を検索

「ブルーベリーのせん定の仕方」たわわに実らせるための3つのポイント

  • 2015.04.14 Tuesday
  • 0
    「植えてから2〜3年で実がつかなくなった」とか「実が小さくなった」
    という話をよく聞きます。

     
     
    ちょっとしたコツを押さえるだけで、大きく育ちます。買ったときよりも
    実が大きくたくさんつくんです。

     
     
    夫とわたしは2013年までブルーベリーを商業栽培していたのです
    が、今日はその時に学んだいわばプロの技をシェアしたいと思い
    ます。
     


    1.古い枝や弱い枝をみつけよう

    古い枝や弱い枝がないか、よく見てみましょう。この作業、北海道
    は春にするのがベストです。凍害にやられた枝は、色がドス黒くて
    すぐにわかります。葉っぱが茂ってくると見分けるのが難しくなりま
    すよ。


     
    2.思い切って切り落としましょう

    思い切って古い枝や弱い枝を切り落とします。せっかく大きくなって
    きたのにもったいない!なんて思わないでね。

     

    古い枝から新しい枝が伸びているのがわかるでしょうか?

    分散していたエネルギーが集中して、新しく強い枝が伸びてくるん
    です。せん定した枝には今年は実がつきませんが、今年の夏に
    新しく枝が伸びて、来年は見違えるほど元気になって実をたくさん
    つけてくれますよ。


     
    3.暖かく冬を過ごしてもらおう

    ブルーベリーの敵は「凍害」です。夏の間に大きく育てても、冬の凍
    害で枝が死んでしまったら元も子もありません。

    上手に越冬させるコツは、地植えなら冬囲い、我が家のような鉢栽
    培なら地面に横に寝かせて
    雪が被るようにします。

    札幌や旭川のような豪雪地帯であれば、棒に縛り付けて枝が折れな
    いようにする程度の簡易な冬囲いで大丈夫です。

    道東や太平洋側の雪が少ない地域では、ムシロでしっかりと冬囲い
    するか、鉢なら横に寝かせて雪で覆い隠すようにしないと、凍害でか
    なりのダメージをおってしまいます。

     

    今年の冬は、ぜひやってみてくださいね。
     
    釧路はこの冬、雪がたくさん降りました。雪にはお布団のような効果
    があります。暖かいお布団のおかげで、今年のブルーベリーはすご
    く元気。たわわに実をつけそうです。
     


    4.挿し木して増やしましょう(上級編)

    挿し木に挑戦してみるのも楽しいですよ。元気に育っているということ
    は、土地の気候風土に合っている品種だということ。新しく買ってくる
    よりも土地に根差してくれます。


    この作業も、やるなら今がベストです。
     
     
    これは3年前に挿し木したブルーベリー。まだまだ子どもなので、実を
    つけさせるのはかわいそう。花芽は採ってしまいます。
     
    このブルーベリーから長く伸びた枝を切って、いったん冷蔵庫へ。その
    後、ピートモスと鹿沼土を7:3または6:4に配合したポットに挿し木しま
    す。

     
     
    あとは根付くまで、水やりや温度管理をしてあげるだけ。ぜひ挑戦して
    みてください。


     
    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ