Okurimono

カシミヤベビー服専門店 okurimono のブログです

ブログカテゴリー

最近の記事

カレンダー

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

過去の記事



Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • ブログ内を検索

憧れの北海道暮らし:田舎暮らしの大誤算、畑作地帯のリアルな話

  • 2015.04.21 Tuesday
  • 0
    いざ暮らしてみたら良いことばっかりじゃないのは、北海道だって
    同じこと。今日は、ガイドブックは決して教えてくれない畑作地帯
    のリアルなお話です。
     
     
    どこまでも広がる畑と防風林。憧れますよね。

     

    空気はキレイで穏やかな時間が流れる。想像しただけで癒され
    ますよね。
     
    ■ あなたはあの臭いに耐えられるか?!
     
    畑に定期的に撒かれる肥料の一つに「たい肥」があります。北海
    道で撒かれているのは、主なものは牛の糞から作られるたい肥。
     
    メガ(巨大)ファームのたい肥舎です
     
    酪農家が自分の所有する牧草畑に撒くこともあれば、畑作農家が
    酪農家にお願いして撒いてもらうこともある。撒くタイミングはどこも
    同じなので、地域一帯が一斉にかぐわしい香りに包まれます。
     
    でもこれはまだ序の口で、悶絶ものなのが牛の尿。これも肥料と
    して畑に撒かれます。

    鼻の奥にツーンとくる、アンモニアと何かが発酵した刺激臭…ん〜
    すいません、わたしの表現力を超えてます。幼い息子が本気で泣
    いたことがあると言ったら、わかっていただけるでしょうか。
     
    市街地に住んでいたって、地域一帯が畑作地帯ならどこに居ようと
    風向きで流れてきます。逃れられないし、慣れることもありません。
     
    お世話になった80歳になる農家のおじいさんは、「それで飯を食っ
    ているから誰も何も言えないだけ。俺だっていまだに慣れないよ」と
    言ってましたからね。
     
    公害認定ものじゃないかと思うあの臭いに、どれだけの人が耐え続
    けることができるのか、はなはだ疑問です。
     
    ■ 農村が静かなのは冬場だけ
     
    広い畑には、大きな農業機械が必要です。大きな機械が畑を耕し
    畑と畑の移動をする。収穫物を積むトラックがひっきりなしに道路を
    走る。
     
    ということは…当然、騒音がつきもの。
     
    200馬力クラスで1千万円くらいのトラクター
     
    家が畑に囲まれていたときは、作業中は窓ガラスがビリビリ音を立
    て、地鳴りのような振動もしていました。とてもくつろげたものでは
    ありません。
     
    耕すのも、肥料や農薬を撒くのも、収穫するのも、作っている作物
    が同じなら、同じタイミングで作業が進められます。だから、あたり
    一帯で一斉に作業が始まり、トラクターやトラックが走りまわる。

     
     
    騒音がいちばんひどいのは小麦の収穫時。小麦の収穫は雨に当
    てたら絶対にダメなんです。乾燥させる手間と費用が発生するし
    カビが生えたり、発芽して商品価値がなくなる危険性がある。
     
    このときは日頃目にしている大型農業機械の比ではない、超大型
    のコンバイン(収穫機械)を使って一気に刈り取ります。天気の合間
    をぬって夜通し作業する。その騒音たるや凄まじいものがあります。
     
    春から秋まで、早朝から夜遅くまで。畑作地帯に住んでいたら騒音
    からは逃れられません。田園風景に憧れて、静かにのんびり暮らす
    イメージを抱いて移住したら、大誤算必至です。
     
    田舎暮らしはどうしても憧れが膨らんで、期待値が高くなりがちです。
    本や雑誌は素敵な情報で溢れ、悪いことはほとんど載っていません。
    まぁ当然ですよね、売れなくなりますから(笑)

    お試し移住でリアルな暮らしを体験することは、必須ですよ〜。


     
     
    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ