Okurimono

カシミヤベビー服専門店 okurimono のブログです

ブログカテゴリー

最近の記事

カレンダー

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

過去の記事



Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • ブログ内を検索

風邪で寝込んで1週間、家事はなんでもこなす夫でよかった!男性も家事をやるメリットたくさんあります

  • 2015.06.09 Tuesday
  • 0
    ギックリ腰が完治しないうちに風邪で寝込み、気づけばブログ更新
    が1週間滞ってました。
     
    我が家では夫が普段から何でもやる人なので、こんな時ものすごく
    心強い。子どものことも家のこともお任せして、心置きなく寝込んで
    られます(笑)
     
    普段から夫の動きを見ている幼い息子も、物心つかない時から自
    然に真似してます。毎朝モップもかけてくれるし洗濯物も畳んでく
    れて、3才にしてすでにプチ戦力。
     
    こんな環境で育つ息子は、成人しても、料理や洗濯そうじなどの家
    事全般を当然のこととしてやるでしょう。もしわたしに娘がいたら
    そういう男性と結婚するようおすすめしますね。

    男性が家事をやるメリットって、考えてみたらたくさんあるんです。
    でも、その前に・・・。
     
    ■ 刷り込みから自由になろう
     
    まずは社会や家庭で刷り込まれてきた価値観から自由になること。
    そこからじゃないかなぁと思います。
     
    わたしたちの親世代は専業主婦全盛期で、圧倒的に家事は女性
    が担っているパターンが多かった。そんな親の背中を見て「女性が
    家事をやるものだ」と思っている男性は多いし、「家事ができて女と
    して一人前」くらいの価値観の女性も多い。
     
    そんな価値観引きずりながらだと、犠牲感ともなったり罪悪感抱え
    たりで、ちっともハッピーじゃないよねって思うんです。
     
    夫は「本当は自分がやることじゃないのに」とか「尻に敷かれてる
    みたいで恰好悪い」とか抵抗感持ちながら。妻は「本当は自分が
    やらないといけないのに」なんて罪悪感を抱えたりしながら・・・。
     
    新たな家庭内紛争の火種にさえなりそうです、怖っ。
     
    まずは、そういった社会通念や刷り込みは捨てましょう。社会が変
    化して久しいのに、昭和の残像に縛られるなんて、百害あって一
    利なしです。
     
    ■ 生きていくうえで最低限必要な力
     
    家事は生きていくうえで最低限必要な力」これに尽きます。男性
    だろうと女性だろうと、独身だろうと結婚していようと、得意だから
    好きだからというレベルの話でもなく、生きていくうえで必須なんで
    す。
     
    毎日コンビニのお弁当では健康管理できないし、掃除も洗濯もし
    ない人が社会生活を営むのはかなり困難。考えれば考えるほど
    家事をせずに生活が成り立っている人がいるということが不思議
    です。いろんな意味で不健康ですよ。
     
    ■ 一人でもできるか
     
    実家にいる間は、親に管理してもらっていることって多いんですよ
    ね。一人暮らしして親の影響下から離れてみると、自分が本来持っ
    ている性質みたいなものが出るなぁと思います。え?自分ってこう
    いう人だったの?!みたいな。
     
    部屋が散らかっていても文句言う人はいないし、食べ物も何食べ
    たって注意されないでしょ。そんな環境でいかに自分を律すること
    ができるか。まずは一人でできて、次に人と一緒でもできるといい。
    そうすれば相手の立場も思いやれる。そんな風に思います。
     
    ■ 男性もプレッシャーから解放される
     
    男性が家計を支えていくという考えはすでに薄れてきてるんじゃな
    いかなぁ。給料は上がりにくくなってるしリストラの危険もある。そん
    な時代だから、夫婦であれば家事をシェアして家計や将来設計も
    シェアするって、特別な考えじゃないと思います。
     
    男性も一家を支えていくというプレッシャーから解放されるし、転職
    したいときもリスク分担できていれば挑戦しやすい。妻の海外転勤
    についていくなんて選択肢もできるし、人生がぜん面白くなる。
    軽やかで自由でいいじゃないの〜。
     
    ■ 産後クライシス
     
    出産直後から妻の夫への愛情が急速に下がる「産後クライシス」は
    男性が積極的に家事を担当してくれることで、危機から脱出できる
    ことも多いと思うんですよね。

    寝不足で身体は極限まで疲れてるのに、家事なんてできませんよ。
    自分がいちばん辛いときに支えになってくれた人ってありがたいもん
    ですが、産後はポイント高いです。普段何もやらない人でも一発逆
    転のチャンス、たぶん。
     
    ■ リスクヘッジ
     
    あまり考えたくないけど大いにあり得るのが離婚。北海道は沖縄に
    次いで離婚率第2位ですからねぇ。(総務省「人口動態統計」2014年9月11日公
    表より) 他にも、
    夫婦のどちらかが病気や怪我で働けなくなるとか
    死別するとか、人生にはリスク満載です。
     
    家のことは妻任せでずっといけたらいいけれど、その妻に何かあっ
    たらどうする?家事やってない人は、家のどこに何があるのかわか
    らない人が多いですが、そんなレベルじゃパニック必至ですねぇ。
    人生のリスク対策は生命保険だけじゃないと思うよ。
     
     
    男女平等を声高に叫ぶつもりは毛頭なく。誰でも自分の身の周りの
    ことは自分でできたほうが、よりよく生きられるってだけ。
     
    あー、夫が何でもやる人でほんとよかったぁ。

    これがいちばん言いたかったかも(笑)

    したらね〜。



     
    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ にほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへ