Okurimono

カシミヤベビー服専門店 okurimono のブログです

ブログカテゴリー

最近の記事

カレンダー

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

過去の記事



Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • ブログ内を検索

カシミヤベビー服専門店が教えます。カシミヤが暖かい理由

  • 2015.08.23 Sunday
  • 0
    カシミヤがなぜ暖かいのか、その理由をご紹介。
     
    それは空気がポイントです。
     
    okurimonoというカシミヤベビー服のオンラインショップを経営して
    います。「カシミヤって何の毛なの?とよく聞かれます」という話を
    書きましたが、今日は次いで多い質問です。
     
    なんで暖かいの?
     
    はい、それは「空気」がポイントです。
     
    空気というのは、熱を伝えにくい性質がありまして。北海道では標
    準仕様となっている2重窓。これはガラスとガラスの間に空気を含
    ませて、断熱材代わりにしているわけです。
     
    さらに、繊維が細かければ細かいほど、たくさんの空気を抱えるこ
    とができます。市場に出回っている獣毛の中で、最も細い毛がカ
    シミヤ
    なんですね。
     
    どれだけ細かいか、比較してみます。
     
    人間の毛髪が70〜100ミクロン、カシミヤは12〜17ミクロン。
    (1ミクロンは1/1000ミリメートル)


    出典:BOKEN 
     
    人毛が巨大に見えますね。
     
    熱伝導率の低さをみてみましょう。


     
    カシミヤを含むウールは、熱を伝えにくい。レーヨンやナイロンとい
    った合成繊維と比較すると、1/5程度しか熱を伝えません。
     
    細かいカシミヤ繊維は、1本1本絡み合ってたくさんの空気を含む
    ことができる。

    その空気は、外の冷たい空気を遮断して、着ている人の肌の熱を
    奪うのを防ぎ、体温が逃げないようにしてくれる。


    というワケ。だから暖かいのです。