Okurimono

カシミヤベビー服専門店 okurimono のブログです

ブログカテゴリー

最近の記事

カレンダー

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

過去の記事



Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • ブログ内を検索

文字が分からなくても意味が分かる、街なかにもっとピクトグラムが増えて欲しい

  • 2015.11.11 Wednesday
  • 0
    化学品の分類および表示に関するピクトグラム、知らなかったので
    メモ。感覚的に分かるのがすごい。
     
    人体に影響がありそう
     
    環境に悪そう
     
    “いくつかの国では、ラベル表示や安全データシー
    トで、様々な化学物質の危険有害性(ハザード)
    や取扱上の注意事項等の情報を化学物質を取り扱
    う人たちに伝える手続きやルールがありますが、
    その内容は各国において様々で相違点が大きく、
    同じ化学物質であるのに異なる情報を表示してい
    る場合もあります。
     
    …このような観点から、国際的に調和された化学
    物質の分類及び表示方法が必要であると認識され
    るようになり、長年の検討を経て、まとまったの
    が、GHS:化学品の分類および表示に関する世界
    調和システムです。“

    出典:経済産業省HP GHS(化学品の分類および表示に関する世界調
    和システム)
     

    むかし、ピクトグラムにすごく助けられたことがあるんです。
     
    27年前に、ひとりでメキシコを旅行したときのこと。アメリカの隣だ
    し英語くらい通じるだろうと舐めてましてね。そしたらホテル以外ち
    っとも通じなくて、スペイン語はわからないし、途方にくれました。
     
    ところが、当時のメキシコは文盲率が高かった。電車の駅にも、そ
    の駅近辺にある象徴的な建物なんかが大きなピクトグラムで描か
    れていたんです。お陰で、どこに行くにも困ることはありませんでし
    た。
     
    社会的弱者の立場を経験して、思ったんですよ。日本だってほと
    んどの人が読み書きできるようになったのは、そんなに前のことじ
    ゃない。明治生まれの祖母は、カタカナしか読み書きできませんで
    したからね。なのに、読み書きできて当然のようになってるなぁと。
     
    あれから30年近くが経ちましたが、最近は海外からの旅行者が多
    くなって、日本国内でもピクトグラムの重要性が再浮上してきたと
    感じます。
     
    わたしの住む釧路市も、英語やロシア語、最近だと中国語の看板
    表記が見られます。でも、ピクトグラムのように、言語を問わず伝
    わってくる絵文字のようなものがない。
     
    外国人だけじゃないですよ。文字の読めない子どもにだって、すご
    く必要なものです。
     
    判で押したような生活をしていると、気づかないんですよね、こうい
    うこと。たまに、自分の常識とか当たり前が通用しない世界に足を
    踏みいれると、気づくもんなんですよね〜。
     
    したらね〜。


     
    ブログランキング・にほんブログ村へ