Okurimono

カシミヤベビー服専門店 okurimono のブログです

ブログカテゴリー

最近の記事

カレンダー

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

過去の記事



Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • ブログ内を検索

タイムスリップ感がハンパない。釧路市最古の木造民家で明治を味わう

  • 2015.12.02 Wednesday
  • 0
    明治がありました。
     
    なにここ・・・?
     
    釧路市最古の木造民家、明治33年(1900年)に建てられた「旧田
    村邸」です。〇〇邸という表現が似合うって、こういうところでしょ。
     
    所有者から寄贈を受けて、現在は釧路市が管理する郷土資料展
    示施設「米町ふるさと館」になり、ボランティアの方が運営に協力し
    てくれてます。
     
    ところがね、入館料が無料なのにぜんぜん人が来ないんですよ。
    入館者は年間で1400人くらいだそうで、ざっくり計算で1日6人くらい。
     
    こんな素敵なところなのに、なんでだろ?
     
    瓦葺の屋根。富みの象徴で、うだつがあがらないという言葉にも
    ある「うだつ」が屋根の両端にあります。

    漆喰の塗り壁なんて、内装に取り入れているお宅がせいぜいで
    外装なんて超ゼイタクです。今は作れる大工さんがいなくなって
    きた格子窓もレトロ感満載。
     
     
    入ると広い土間があるんです。土間って北海道には無い様式な
    んですよね。憧れるなぁ。
     
    建主は海産物商だったそうです。
    店先には、こうやって番頭さんが
    座っていたんでしょうか。


     釧路が元気だった頃がここにある
     
    目方を計るなんて今は死語です。使い込まれてますね。商売が
    繁盛してたんでしょう。
     
    この近くで育ったんですよ、わたし。昭和40年代は、港に船が入る
    と町全体が一気に賑わいました。胴巻きに札束を突っ込んだ漁師
    が、歓楽街を闊歩していたといいます。
     
    遠洋漁業の船が、大漁旗を豪快に掲げて紙テープを何十本も風
    になびかせて出港する様子は圧巻でしたね。
     
    昭和初期までは、この建物がある地域が釧路の中心で、花街も近
    くにありました。ここが建てられた頃は、もっと活気があったのでしょ
    う。
     
     
    釧路は大きな地震が多いことで全国的にも有名ですが、建築から
    115年もの間、震度6クラスの地震を何度も経験したのに、建物に
    歪みがほとんどない。
    これには驚きました。

    建てつけが悪くて開かない扉もないんだとか。某ハウスメーカーが
    聞いたら何と言うでしょうか。最近の家は、震度5クラス1回で窓開
    かなくなったり、隙間開いたりが普通です。
     
     
    昔の大工さんの技術ってすごいですよね。

    棟梁は釧路建築界を代表する方。本州から船で運んだ樫木を使っ
    たんですって。太い梁が何本も渡る天井を見上げて、思いましたよ。
     
    富の顕示の仕方は、今も昔も「大きな家」や「高級車」だったりする
    んだなぁ。人って変わらないなぁって。
     
    息子が「気持ちいい〜」と走り回りました。
     
    足裏に伝わる畳の感触。解放感のある高い天井。古いけれど大切
    にされてきた物に囲まれたこの空間の気持ち良さが、3歳児にも分
    かるらしい。
     
    「お化け出るかなぁ?」
    「夜になったら出るかもね」

    わたしの生まれた家は父が小学生の時(昭和20年代)に建てら
    れた木造建築でした。
     
    雑巾で磨いて艶が出た廊下。みんなに触られて角が取れた格子戸。
    ハシゴかと思うほど傾斜の急な階段。何もかもが懐かしい。
     
    いやぁ、今のままではもったいないですね。
     
    維持費はさほどかかってないようでしたが、いずれ大規模修繕も
    必要になるでしょう。直せる大工さん探すのも大変そうだし、財政
    厳しい釧路市が修繕費出せるのか疑問だし。
     
    心配は尽きません。
     
    シェアショップやイベントスペース、カフェとか、こんなところで出来
    たら素敵なのに。歴史的建造物として残すためにも、もっと活用し
    て修繕費を稼がないとね、と傍から見ていて思います。
     
    したらね〜。

    ■ 米町ふるさと館
    場所:釧路市米町1−1−21
    開館期間:4月1日〜12月30日
    開館時間:10:00〜15:00
    閉館日:毎週月曜日、1月〜3月
    入館料:無料

     
    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ