Okurimono

カシミヤベビー服専門店 okurimono のブログです

ブログカテゴリー

最近の記事

カレンダー

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

過去の記事



Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • ブログ内を検索

香りは記憶や感情と結びつくんです

  • 2015.12.05 Saturday
  • 0
    ここしばらく森の中で暮らしてる感じです。
     

    来週のイベントで、トドマツやカラマツの石けんやエアフレッシュナ
    ーを販売します。部屋中に森の香りがただよってまして、タグ作り
    などの作業をしながらも癒されちゃってます。
     
    いい香りですよ〜。
     

    匂いや香りは、形に残らないですぐに消えてしまうはかない存在
    でありながら、人の記憶に深く刻まれて、視覚や味覚といったあ
    らゆる感覚、感情と密接に結びついています。
     
    これ、プルースト効果というんですよね。特定の匂いや香りが、そ
    れにまつわる記憶や当時の感情を誘発する現象です。
     
    食べ物、場所、季節、人にまつわるものなど無数にあるなかで、わ
    たしにも忘れられない匂いがあります。
     
    初めて訪れたラスベガスの、きらびやかなカジノに漂っていた甘い
    香水の香り。映画の世界に足を踏み入れたようなワクワクした気
    持ちや緊張感とともに、今も鮮明に思い出します。
     
    20歳の頃にとてもお世話になっていた方がつけていた香水は、不
    幸は自分を避けて通るくらいの万能感を持ち合わせていた当時の
    自分を思い出すんですよ。懐かしさとやりきれない気持ちが入り混
    じります。
     
    嗅覚は五感の中でただひとつ、大脳辺縁系(海馬や扁桃体など)
    に直接情報を送るのだそうです。そこは、感情を司る脳でもあって
    匂いの情報と感情を司る場所が同じために起きるのだとか。
     
    息子にとって、子ども時代がどんな香りに代表されるのかなぁと考
    えることがあります。ゲームやテレビといったバーチャルな体験ば
    かりしていたら、感情を揺さぶられるような香りと結びつくことはな
    かなかないでしょうね。
     
    トドマツのような樹木の香りや土の匂いなどの自然の香りが、子ど
    も時代の記憶の厚みを増す存在になるといいなぁと思ってます。

    したらね〜。


     
    ブログランキング・にほんブログ村へ