Okurimono

カシミヤベビー服専門店 okurimono のブログです

ブログカテゴリー

最近の記事

カレンダー

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

過去の記事



Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • ブログ内を検索

食べるものが生きる力になっていくのを、これほど実感したことはない

  • 2016.01.07 Thursday
  • 0
    口に入れるものがエネルギーになって、人は生きているんですね。

    80歳になる実母が急に食欲がなくなりました。食欲がなくなると同
    時に体力もなくなり、伏せていることが多くなりました。坂道を転げ
    落ちるように、持病が次々と悪化していきます。体重も急激に落ち
    ていきます。

    生きることは食べること、排せつすることだと思っています。これま
    で身近な人の死をみてきて思うのですが、人は食べることができな
    くなると急激に弱っていくものです。最期は排便排尿ができなくなっ
    て死に至る。

    これはマズい。毎日母の元に通い、3度の食事を作っています。

    我が家の食事は、健康のために加工品をなるべく使わないように
    しています。調味料も本物を使い、添加物は極力避ける。

    いちから作る食事は手間がかかりますが、問答無用に美味しい。
    味噌から手作りした味噌汁なんて、すぅ〜っと体に染みわたります。
    そういった生活を長く続けているので、添加物の味を受け付けなく
    なっているくらいです。

    対する母は、加齢で食事の支度がおっくうになったのもあるし、わ
    たしを育てた時代に食品添加物や加工品の恩恵を受けたこともあ
    って、抵抗感はありません。この数年間は加工品中心の生活でし
    た。

    わたしが食事を作り始めると、母の食欲が少しずつ戻ってきました。
    母を見ていると、口に入ったものが明日の命になっていくのがよく
    わかります。目に力が出て、声に張りが出ます。昨日は歩けなかっ
    たのに、今日は歩ける。

    量を食べられなくなると、とたんに質が問われます極限の状態
    になると、僅かな違いが生死を分けます


    カチンコチンの冷食のほうれん草やニンジンじゃなく、生のものを
    新鮮なうちにいただきたいと思うのです。

    だって、栄養素が母の体力となって可視化できるんですよ。ちょっ
    と簡単に済まそうかなんてことはよくやってましたが、今は一食た
    りともおそろかにできない。新感覚を味わっています。

    高齢者の低栄養が社会問題になっていますね。高齢者の食事は
    野菜中心がいいと言われてきましたが、先日ケアマネージャーを
    している友人に聞いたところによると、肉を積極的に摂るようにと
    指導が変わってきた
    そうです。

    食事をしっかりとっているつもりでも、栄養が足りていないというこ
    ともあるんだそうです。低栄養になると、筋肉や血管が弱って、転
    倒や骨折をしやすくなります。脳出血の恐れも出てくるし、免疫
    力が落ちることで肺炎などの感染症にもかかりやすくなる。


    肉や魚のようなタンパク質に加えて、ビタミン類やミネラルなど、生
    の野菜や鮮度のいい食べ物からじゃないと摂れないものがありま
    す。量が食べられない高齢者とっては、少量でも良質な食事が
    大切
    だと痛感しています。

    若い人でも隠れ低栄養はあると思ってます。ただ、それが高齢者
    のように即いのちに関わることがないだけ。コンビニのカップラー
    メンのようなものだけ食べていても、表面上は生きて行くことはで
    きますから。

    でも、あれって食べ物の姿かたちはしているけれど、栄養的には
    カスです。そこから命はもらえません。そんな食生活が続くと、体
    だけじゃなく心にも影響がないワケがない。そう思ってます。

    加えて、食事が楽しいことも重要ですね。幼稚園が冬休みの息子
    が一緒ということもあって、母との食事はいつも賑やかです。わたし
    の作る食事も美味しいと喜んでくれて、食事の時間が楽しいと言い
    ます。

    そんなわけで、一時は寝たきりになるかと心配しましたが、徐々に
    回復しつつあります。もっと元気になってもらうために、がんばりま
    すよ。

    1日1日の大切さが身に沁みますねぇ。1回1回の食事の積み重ね
    が、命をつないでいくんだなぁ。

    さぁ、明日は何を作ろう?


     
    ブログランキング・にほんブログ村へ