Okurimono

カシミヤベビー服専門店 okurimono のブログです

ブログカテゴリー

最近の記事

カレンダー

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

過去の記事



Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • ブログ内を検索

これからの人生であと何回、こんなに美味しいものと出会えるだろうか

  • 2016.02.06 Saturday
  • 0
    女王陛下やサー・ウィンストンチャーチルの好物を、北海道の片隅
    でいただいてます。

    280年の歴史がある英国王室ご用達、パクストン&ウィットフィール
    ドのスティルトンジャー。

    こんな素敵な壺に入った青カビチーズです。

    友人が社長を務める明治18年創業の相模屋平助商店で扱って
    いると聞き、引っ越しなどで頑張っている自分へご褒美に取り寄
    せました。

    もっともらしい理由をつけてはいますが・・・食べたかっただけです。

    ワックスで封がしてある。イギリスっぽいわ〜。

    剥がすのはちょっとした儀式。ふんわりと芳醇な香りが漂ってきま
    す。

    バターのようなコクのあるミルクと存在感ある青カビのコラボは
    今まで食べたことのないまろやかさ。

    一流と言われるものはバランスが秀逸です。

    今まで食べた青カビチーズは、塩味が尖がっていたり、強烈な青
    カビ臭が鼻から抜けたりと、癖ばかりが目立っていました。

    こんなに美味しいのは初めてです。

    円形に熟成されたチーズを一度崩し、青カビと牛乳のペースト部
    分の美味しいところだけを選び分けて壺に密閉するんだそうです。

    その段階で8キロのチーズは半分の4キロになる。

    いいですよね〜。このこだわりっぷり。

    道内産のはちみつをかけていただきました。残念ながら、このチ
    ーズと一緒にいただくには格が違いすぎました。人間と同じで、食
    べ物にも格があるということか・・・。

    まだ試していませんが、マーマレードも合うんですって。ここにワイ
    ンが加わったら、世界が一段と広がります。ポートワインが合うよ
    ね〜とかなんとか言ってみたい。


    最近、同じ年の学友が病に倒れた話を聞きました。心と体が元気
    でいられる時間は、意外と短かいと感じています。

    これからの人生であと何回、こんなに美味しいものと出会えるだろ
    うか。

    ちょっと背伸びしても、いろんな経験をして、いろんな場所に行き
    美味しいものを食べて、人生を謳歌したいと思います。

    ◆◆◆
    相模屋平助商店のFacebookでは、お酒やお酒にまつわる食や文
    化などが発信されています。世の中には美味しいものがたくさん
    あるんだなぁ、と眺めているだけでも楽しい。

    興味のある方はこちらからどうぞ。

     
    ブログランキング・にほんブログ村へ