Okurimono

カシミヤベビー服専門店 okurimono のブログです

ブログカテゴリー

最近の記事

カレンダー

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

過去の記事



Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • ブログ内を検索

憧れの北海道暮らし:世にも美しいマンサード屋根の牛舎

  • 2016.03.08 Tuesday
  • 0
    わたしが知るなかで、最も美しく可愛らしいマンサード建築です。

    十勝の清水町にあるマンサード牛舎。建物もサイロもレンガ造り
    です。

    レンガが作り出す幾何学模様は、建てた大工によって違いがあり
    ます。美意識が強く出る場所です。

    風雪にさらされた屋根とレンガの退色具合に、歴史を感じます。

    農業施設なんて実用的であればいい。ほとんどの農業者は建物
    の美観や統一感といった景観思想を持ち合わせていません。

    その中で、このマンサードはひときわ異彩を放っています。

    建物の大きさもまた可愛らしい。カフェにしたらちょうどいい大きさ
    なんですよね。牛10頭くらいを飼育していただろう、昭和30年代く
    らいの酪農家の標準的規模です。

    増改築もほとんどされず、建築当初の計算された姿をほぼ保っ
    ているように見えます。

    保存状態がとてもいいのは、誰かが大切に維持管理している証。
    離農して使われなくなった建物は、手入れもロクにされず朽ち果
    てるに任せているのが大半です。

    持ち主にとって単なる牛舎でも倉庫でもなく、思い入れのある建
    物なんでしょうね。

    以前近くに住んでいたときは、四季折々の姿を楽しんでいました。
    夏は牧草畑に囲まれてレンガ色が一層映えます。

    しばらくぶりに訪ねてみたら、ちょっと痛みが目立つようになってき
    ました。

    もしも願いが叶うなら、このマンサードをそっくりそのまま移築した
    い。目の前を国道が走り住宅街に囲まれる今の場所から、一面
    の牧草畑の中の本来あるべき場所に。

    どんなに素敵な風景だろうかと想像します。