Okurimono

カシミヤベビー服専門店 okurimono のブログです

ブログカテゴリー

最近の記事

カレンダー

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

過去の記事



Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • ブログ内を検索

憧れの北海道暮らし:マンサード屋根の牛舎

  • 2016.03.09 Wednesday
  • 0
    何に魅かれるかは人それぞれです。

    プロのカメラマンである夫に、マンサードの写真集を作らないかと
    リクルートしてみました。全く興味がないそうです。

    わたしがオートで撮る写真と夫がマニュアルで撮る写真は、同じカ
    メラを使っているのに別モノです。

    機械には疎いわたしですが、興味のない夫を振り回すのも申し訳
    ない。自力で美しいマンサード写真を撮れるように、少しずつカメ
    ラを学んでみようかという気になっています。

    苦手なことも、その先にもっと手に入れたいもの(ニンジン)がぶら
    下がっていたら、頑張れるものですからね。たぶん。

    さて、撮りためていたマンサードです。

    鹿追町のマンサード。
    この日は雪がチラつき、濡れた小屋が飴色になっています。格子
    窓が美しい。まるで古い写真の中の尋常小学校のよう。

    木造作りのマンサードは耐久性がなく、あまり残っていません。建
    物の構造上、中央の屋根が落ちて徐々に建物全体が歪んでいき
    ます。

     
    このマンサードは、そばにある母屋も無人なのですが保存状態が
    珍しく良い。

    こちらは鹿追町のマンサード。あとは崩壊するのを待つ廃墟です。

     

    サイロは後付けのような気がします。というのも、ずんぐりむっくり
    で、建物とのバランスが取れていない。サイロだけがコンクリート
    というのも気になります。

    エアロパーツを後付けしていった結果、原型をとどめていない車を
    よく見かけます。カスタムして最初の美しさを上回ることができるの
    は、よほどのセンスの持ち主だと思うのです。

    標茶町の現役マンサード。

     
    かなり大きな建物で、飼育頭数もそれなりの数になりそうです。

    小屋の周囲はキレイに整理整頓され、所有者の几帳面な性格が
    うかがわれます。

     
    わたしにとっては、そんなことを想像するのも楽しい。こんなニッチ
    な趣味を共有できる人、どこかに居ないかしらね〜。