Okurimono

カシミヤベビー服専門店 okurimono のブログです

ブログカテゴリー

最近の記事

カレンダー

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

過去の記事



Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • ブログ内を検索

「思っていた色と違う」ネット通販で多いクレームはなぜおきる?

  • 2016.12.04 Sunday
  • 0

    先日購入されたお客様から嬉しいメールが届きました。

     

    ”先ほど受け取りました。想像以上に可愛かったです‼
    ベージュとグレーで散々悩んでベージュにしましたが、届いてみた

    らほんのりピンクがかったグレイッシュなベージュで、なんとも言え

    ない綺麗な色合い、それにカシミヤの優しい肌触りに大満足です(^^)”

     

    一般的に、ネット通販は実際に商品を手に取ってみることができな

    いため、思っていた色と違うというクレームがよくあります。

     

    こちらのお客様のように、色に対する感度が高くて微細な違いも見

    分けられる方であればなお更のこと。ご満足いただけてホッとしてい

    ます。

     

    okurimonoでは、商品の色や画像の表現にとても気を使っています。

    そのためか、オープンから3年、「思っていた色と違う」というクレー

    ムはありません。

     

     

     

    「思っていた通り」は至難の業

     

    「思っていた色が違う」というクレームには主に2つの要因があります。

     

    1.販売者の「商品撮影」と「パソコン画像処理」

    2.お客様が使っているパソコンやスマホなどの画面

    色が一致するには、この”どちらも”色が正しく表示されている必要

    あります。

     

    okurimonoを例にしてみます。

     

    商品撮影では、色を正しくとらえるために、カメラのホワイトバラン

    スを照明に合わせて調整します。

     

    カメラにお任せしてしまうオートホワイトバランスですと、どんな色に

    なるか撮ってみないと分かりません。

    太陽光や白熱電球、蛍光灯といった光の種類でも色調が変わっ

    てきます。

     

    パステルカラーなど、白に近い色ほど条件によって変わりやすい

    のです

     

    下の写真は同じものです。ホワイトバランスの設定を変えている

    だけですが、色が全然違いますよね。

     

     

    写真をネットにアップする前に、もうひとつ重要なことが。

    モニターキャリブレーションです。

     

     

    実は世の中にあるモニターは表示がバラバラなんです。

     

    家電売場のテレビやパソコンモニターを思い出してみてください。

    鮮やかな映像が映し出されていますよね。

     

    ただ、ちょっと色が濃くて毒々しいと思ったことはありませんか?

    美しさをアピールするために、色を濃く画面を明るくして、各社競争

    しているからです。

     

    これをネット通販でやってはいけません。ネット通販では「美しい色」

    ではなく「正しい色」を表示しなくてはいけません。

     

    「正しい色」を表示するために、バラバラの表示を「基準」に合わせ

    ます。これがさきほどのキャリブレーションの役割です。

     

    残念ながら、これを人間の感覚でやることはできません。人間の目

    は、周囲の環境や直前に見ていたものの影響を受けます。

    色の絶対評価を行うことはできないのです。

     

    加えて、モニターには色の個体差があります。モニター初期設定に

    戻しても個体ばらつき、メーカーの設定ばらつきがありますから、初

    期設定が正しいとは言い切れません。

     

    モニターには経年劣化も起こります。バックライトなどが劣化し徐々

    に暗くなってしまうものです。

     

     

    ここまでは、販売者はやって当然です。正しい色を表示する努力を

    るのはネット通販の大切な仕事のひとつですから。

     

    もし必要なことをやっていなかったり誇張表現していたら、仕事に対

    する姿勢を疑われても仕方がないでしょう。

     

    では、お客様の使っているパソコンやスマホなどの画面はどうするか。

     

    パソコンモニターであれば販売者と同じことをする必要がありますが

    ・・・個人の方が機器を購入して??? ちょっとあり得ないですよね。

     

    そうなんです、こればかりはどうしようもないのです。

     

    そのため、伝える側と受け取る側の「色」を完全に一致させること

    かなり難しいと言えます。

     

    こんなワケで「思っていた色と違う」というクレームはよくおきるのです。

    この点をご理解頂けると幸いです。