Okurimono

カシミヤベビー服専門店 okurimono のブログです

ブログカテゴリー

最近の記事

カレンダー

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

過去の記事



Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • ブログ内を検索

okurimonoは流行に左右されない上質なカシミヤベビー服をお届けします

  • 2017.01.11 Wednesday
  • 0

    衣類の製造業や流通業のことをアパレル産業といいます。

    衣類の企画や卸売を行っている企業はアパレルメーカーです。

     

    当店okurimonoもアパレル産業の一員といってもいいのですが

    それには少しばかり違和感と抵抗感があります。

     

    アパレルは流行を作り出します。

     

    今年の春の流行は花柄プリントと業界で決める

    各アパレルメーカーがこぞって花柄プリントの

    商品を作って流通させる

    街中には自然と花柄プリントの服を着た人であふれる

    流行っているという状況を作り出す

     

     

    まるで世の中の流れが自然とそうなったかのようですが

    仕組まれています。

     

    消費者は、大量生産と大量消費のサイクルに放り込まれて

    いいように踊らされているわけですね。

     

    流行りはすぐに廃れます。

    ちょっとでも時期を逸すると、着ていることが恥ずかしくなる。

     

    もともと人の目を強く意識しているのだから当然といえば当然。

    そうやって流行のサイクルは回っていく(回していく)のです。

     

    自分の意思で踊るのならそれもまたよし。

    でも、何も考えずに踊らされているのはいただけない。

     

     

     

    年を重ねるごとに、流行を追わないことが心地よく感じるよう

    になりました。

     

    安価な流行服を10着持つより、どこに着ていっても恥ずかしく

    ない上質な服を1着持つほうがいい。

     

    地方に住んでいることも少なからず影響しているのでしょう。

     

    常に多くの物や人や情報にさらされている都会とは違って

    自分のことに集中できますから、他人の動向はあまり気になりません。

     

    カシミヤベビー服のオンラインショップを開店するときも

    流行に左右されないスタンダードなものだけを扱いたいと考えました。

     

    カシミヤと言えども子供服でアパレルです。

    流行を追うこともできますが

    デザインもカラーも古びないものを扱いたい。

     

    すぐに着られなくなるから高価なものは勿体ないという考えもありますが

    小さな子どもだからこそ上等なものを与えたいもの。

     

    本物は古くなりません。

    無垢な子どもにこそ本物を知ってほしいと思います。

     

     

     

    このような価値感を共有できるお客様に出会い

    支えられて4年目を迎えています。

     

    カシミヤは育てる楽しみがあると言われています。

    着続けているうちに肌なじみよく柔らかに風合いが変化していきます。

     

    流行ごとに大量生産され消費される服とは対極にあります。

     

    2017年も多くのお客様に対極の喜びを味わってほしいと思います。