Okurimono

カシミヤベビー服専門店 okurimono のブログです

ブログカテゴリー

最近の記事

カレンダー

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

過去の記事



Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • ブログ内を検索

北海道白糠町で化石採りしてきました。

  • 2017.09.05 Tuesday
  • 0

    足寄動物化石博物館が主催する化石教室に参加してきました。

    憧れのモジュールがザクザク採れてびっくり。

    化石って、気づいていないだけで普通にあるもんなんですね。

     

    場所は自宅から車で1時間ほどの距離にある白糠町のとある場所。

     

    山深く入っていくのを想像していましたが、ここは民家がすぐそば

    にあるアクセスの良い場所です。

     

    ただし、7キロくらい林道を走っただけで見事な熊のフンが15個

    くらいあったので気軽な気持ちでは行けませんが。

     

    川遊びができそうな小川の床や対岸の壁面に、3300万年前の貝化石

    が埋まっています。

     

    地層が広く露出する場所は露頭と呼ばれます。

    注意深く見ていくと、明らかに周囲の土や岩とは異質なものが混じ

    ってます。

     

     

    川床にも。

     

    掘りだすと、数センチの小さな球体がコロンと取れてきます。

     

    これがノジュール。

     

    テレビでしか見たことがなくて、いつか実物を見てみたいと思って

    いた憧れのノジュールが「ここ掘れワンワン」状態。

    ザックザク出てきます。

     

    ノジュールは、貝などが死んで腐るときに出るアンモニアが、周囲

    のカルシウムを引き寄せてつくられるのだそうです。

    なんでこんなに丸くなるんでしょうね。

     

    ノジュールをハンマーで割ると、中に化石が入っています。

    ノジュールに守られているので、化石がきれいな形をとどめています。

     

    中にはノジュールが風化して剥がれ落ちて、貝化石がまるごとゴロン

    と出た手間いらずも。

     

     

    動物の骨のようなこちらは、動物が作った巣に堆積物が入ってできた

    化石だそうです。

     

     

    方解石の結晶。

     

     

    方解石とは、石灰岩や大理石を構成している鉱物だそう。

     

    化石教室では専門知識をお持ちの先生が数名付いてくださるので

    掘り方をアドバイスしてもらったり

    採れた化石の種類を見てもらうことができます。

     

    石と化石の区別がつかないレベルですから、専門家がいないとお宝が

    眠っていることに気づきません。

     

    化石教室は、今年2回目の参加です。

    子どもはもちろんですが、親がすっかりはまってます。

     

     

    「ここは太古の昔は海だったんだぁ〜」なんてロマンに浸るのは

    ほんの一瞬。

    あとは老いも若きも皆ハンターと化してます。

    お昼ご飯もそこそこに、ひたすらハンマーをふるっているのは

    どこのご家庭もお父さんですね。

     

    今回いちばん大物を採ったのは小学生の男の子でした。

    見事な巻貝です。

     

    単純に楽しいです。

     

    子どもの頃は誰もが憧れる化石採り。ですが、なかなかチャンスは

    ありません。

     

    都市部に住む友人家族は、子供向けの化石掘りプログラムに何度も

    応募しては応募者多数で選に漏れています。人気ですから。

     

    ネット上で採取ができる場所を調べることはできますが、今回の

    場所のように熊が出没する危険もあるので、少人数で行くのは

    どうかと思いますね。

     

    化石教室は狙い目ですよ。先生方もすごく優しくて頼もしいです。

     

    前回は台湾から参加されているご家族がいました。

    毎年来ているんだそうです。

    わざわざ教室に合わせてバケーションをとるのも分かる気がします。

     

    他では滅多に体験できませんからね。

    遠くから来る価値大です。

     

    ◆足寄動物化石博物館

    北海道足寄町郊南1丁目

    電話 0156-25-9100

    FAX 0156-25-9101

    ホームページ