Okurimono

カシミヤベビー服専門店 okurimono のブログです

ブログカテゴリー

最近の記事

カレンダー

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

過去の記事



Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • ブログ内を検索

染色していない高級カシミヤをたっぷり使った「おくるみ」発売!

  • 2017.12.24 Sunday
  • 0

    染色していない高級カシミヤをたっぷり使って編みあげたokurimonoオリジナル

    『おくるみ』新発売です。


    無垢な赤ちゃんのイメージにぴったりな、天然の暖かみを感じる色合いです。

    気兼ねなく普段使いができるように、2本どりの糸でしっかりと編み

    シンプルに仕上げました。


    使うほどにやわらかくなり、触り心地が変化していく過程を楽しむことができます。
     


    シンプルな一枚の布(ニット)なので、工夫次第でいろんな使い方ができるのが

    『おくるみ』の良さです。

     

    わたしは出産前に自分で『おくるみ』を編んだのですが、『退院する時』

    『予防接種や健診などの病院通い』『100日参り』と

    生後3ヵ月くらいはお出かけの度に『おくるみ』に包んでいた記憶があります。

     

    そのあと『おくるみ』は卒業して、車に乗った時の『ブランケット』になりました。

     

    夏の冷房対策でも使っていたので、ほんとうに暑い一時期を除いてほぼ一年中使って

    いましたね。本当に重宝しました。

     

     

    現在は、わたしのひざ掛けになっています。

     

    というのも、わたしが作った『おくるみ』はウール製ですごく重いのです。

     

    当時は『こんなものだ』と思っていたのですが、カシミヤの軽さを知ってしまったら

    使えなくなってしまいました。

     

    特に小さな子どもには可愛そう・・・。

     

    カシミヤは肌触りの良さや温かさが有名ですが、軽さも特徴のひとつです。

     

    こちらのokurimonoオリジナル『おくるみ』は、わたしが作ったウールの『おくるみ』

    とほぼ同じサイズ。

     

    糸を2本どりしてしっかり目に編んだにも関わらず、ふんわりと軽くて

    ウールとの違いに『さすがカシミヤだなぁ』と思ってしまいます。

     

     

    カシミヤには育てる楽しみがあると言います。

     

    ヨーロッパでは、使い続けていくうちにカシミヤが少しずつ柔らかくなり

    風合いが変化していく過程を楽しむ文化があります。

     

    安価な大量生産の品物であふれる今、時間をかけること自体がとても贅沢だと感じます。


    お子さまの成長とともにカシミヤも育っていく、そんな贅沢を味わってほしいと思います。

    色は、赤ちゃんのイメージにぴったりのオフホワイト。


    日常使いからお宮参りなどの改まった席まで幅広くお使いいただける色ですから

    出産祝いやちょっとしたギフトにもおすすめです。

    形はメリヤス編みのスクエアで、かわいいポンポンが1か所。



    カシミヤ特有の軽さとふんわり感を大切にしながら、ブランケットとして使うときに

    収まりが良くなるよう、縁取ることで周囲に適度な重さを持たせました。

    北海道では秋冬春の3シーズン、暖かい地方では冬用としてお使いいただける中厚手です。

    使用する糸は最高級とされる中国・内モンゴル産のカシミヤを原毛から買い付け

    独自の技術で加工するFUKAKIのカシミヤ糸を採用。

     

    北海道鶴居村にあるニット工房で、職人が心を込めて編み立てました。

     

    カシミヤでも気兼ねなく普段使いして、汚れたら自宅洗いしてくださいね。

     

    商品の詳細はこちらからご覧ください。

    okurimono無染色カシミヤニットおくるみ