Okurimono

カシミヤベビー服専門店 okurimono のブログです

ブログカテゴリー

最近の記事

カレンダー

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

過去の記事



Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • ブログ内を検索

虫食いのこと

  • 2013.12.21 Saturday
  • 0
    最近はフリースなどが普及して、それほど虫食いのことをきにする
    ことがなくなりました。

    しかし今も昔もウールの虫食いは変わらず、カシミヤも防虫対策を
    考えなければなりません。カシミヤはウールの中でも【最初に食べ
    られる】といいます。


    ウールに穴を開ける犯人は、ガの幼虫と、カナブンの仲間のカブオ
    ブシムシの幼虫です。
    成虫は犯人ではありませんが、卵を産み付けられたら大変ですから
    要注意です。

    ガの幼虫はイガとコイガです。
    漢字で書くと衣蛾で、幼虫はミノムシを小さくしたような虫。
    体調6〜7mmほど。
    幼虫がウールを食べます。
    不思議なことにイガ、コイガは電灯に集まらないそうです。
    カーペットや布のなかに卵、幼虫の状態で紛れ込むといいます。
    物流の発達で広まったといわれ、成虫でも蚊くらいの大きさです。
    この幼虫は食欲が旺盛で、普段はミノを作って棲んでいます。

    カナブンの仲間はヒメマルカツオブシムシです。
    この幼虫もウールの大敵。
    5ミリくらいの大きさ。
    成虫になると2〜3ミリくらいの小さな甲虫です。
    カナブンの仲間といってもきわめて小さいんですね。
    成虫はマーガレットの花に花粉を求めて集まっています。
    成虫はウールを食べることはありません。
    日本には普通に生息しており、春に洗濯物を干した時など、白い衣類に
    ついているので、取り込むときにはよく払うようにしましょう。

    北海道では年によってマイマイガという大型のガが大量発生します。
    5ミリくらいの幼虫が風にのってとばされてきて、洗濯物によくくっ
    ついてきます。
    これが10センチくらいに大きくなり、大量発生するから大騒ぎにな
    ります。

    外にはいろいろな虫が飛んできてきます。
    ニットは部屋干しするのが無難ですね。
    外出先でくっつけたまま家に持ち込まないことも大切。
    防虫剤は必須です。

    参考文献はカシミヤとニットの話 織研新聞社です