Okurimono

カシミヤベビー服専門店 okurimono のブログです

ブログカテゴリー

最近の記事

カレンダー

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

過去の記事



Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • ブログ内を検索

出産祝いを贈るときに喜ばれる3つのポイント

  • 2014.11.26 Wednesday
  • 0
    北海道釧路市のカシミヤベビー服専門店okurimonoの竪谷典子
    です。
     
    出産祝いでお買い求めになるお客様が多い当店okurimonoがま
    とめた、出産祝いを贈るときに喜ばれる3つのポイントをご紹介
    します。
     
     
    1.生後3ヶ月〜6ヶ月頃に必要なものを贈る
     
    出産前に、生まれてくる子どものことを考えつつ買い物をするの
    は、お母さんにとって至福の時。だから、出産直後に必要なもの
    は、ほとんどの人が事前に揃えてしまっています。
     
    ところが生まれた途端、食事を取るもの寝る時間もないほど忙し
    くなります。何か必要なものが後から出てきても、買い物に行くこ
    とさえままなりません。生後3ヶ月〜6ヶ月頃に必要なものを贈る
    と「助かった〜」の声が聞けますよ。
     
    • べビー服なら60〜70サイズ(当店は6ヶ月サイズのものが人気)
    • 紙オムツならSサイズ
     
     
    2.よく使うもので上等なものを贈る
     
    親なら誰しも、我が子のためには最良なものを選びたいと思うもの。
    でも値段を考えるとパパ・ママが自分の子どもに買うのには躊躇し
    てしまうことって、当然ありますよね。
     
    そんなものを贈られたら、喜ばれること間違いなし。我が子に対して
    してもらったことは自分のこと以上に嬉しいもの。モノとしての役目
    を終えたあとも、印象に残るプレゼントになります。
     
    • オーガニックコットンのタオルや肌着
    • カシミヤ製の赤ちゃん靴下
     
     
    3.迷ったときはお母さんへのお祝いを贈る
     
    何を贈っていいかわからず悩むとき、オススメなのがお母さんへの
    贈りもの。頑張ったお母さんへの贈りものって、なぜか不思議と無
    いものなんです。
     
    お母さんが元気でいることは、実は赤ちゃんにとってイチバン大切
    なことなんですね。頑張ったね!の気持ちを込めて贈ってみましょう。
    ホロリとされてしまうかもしれませんよ。当店では身体を労わる系
    リラクゼーション系が人気です。
     
    • 冷え対策グッズ(靴下、ひざ掛け)
    • アロマグッズ
     
    ぜひ、参考にしてくださいね。


     
    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへにほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへ



    世界一流カシミヤニットブランド【UTO】のファクトリーを見学してきます

    • 2014.10.24 Friday
    • 0
      こんにちは。カシミヤベビー服専門店「okurimono」の竪谷典子です。
       
      来月、カシミヤニットのファクトリー見学に行くことになりました。行き
      先は岩手県北上市。当店で扱っている【天使のブランケット】を作って
      いる株式会社UTO(ユーティーオー)の自社工場です。

       
       
      昨年、1日だけのポップアップショップを開催したときのことです。UTO
      のことをご存知ないお客様が、【天使のブランケット】を手に取って「触っ
      ただけで幸せになる」と嬉しそうに一言。
       
      「一流とは、本物とは、こういうものなのか」と、このときの出来事は驚
      きを伴ってわたしの胸に響きました。
       
      日本のニット工場は、他のモノつくり現場と同様、海外移転などで次々
      と姿を消しています。現在、日本で消費されるニットの95%以上が海外
      生産だそうです。
       
      そんな中にあって、UTOは自社で一貫して企画・製造・販売をする数少
      ない国内メーカーとして、熟練職人が高度な技術で編み上げるメイド・
      イン・ジャパンを守っています。

       
       
      持っているだけで、触っただけで多幸感を与えるUTOのカシミヤニット。
      一体どんなところでどんな風につくられているの? 工場見学が、今か
      ら楽しみで、嬉しくて、しょうがありません。
       
       
      ちょっとUTOのこと
      UTOの宇土寿和社長は、旅行業界で海外を飛び回るお仕事をしていたとき、ニット
      業界の人たちの為のロンドン、パリ、ミラノなどのリサーチツアーを企画したことが
      きっかけで、ニットメーカーに転職しました。
       
      日本国内をはじめとして世界各地の工場を訪問し、生産を経験したのちに独立した
      ものの、厳しい業界で生き残りを賭けてカシミヤに特化し、業界の非常識と言われ
      たオーダーニットを始めました。
       
      なぜオーダーニットは業界の非常識なのかと言いますと、ニット生産の基本は大量
      生産だから。


      ニットの製造工程は編立、縮絨、セット、裁断、縫製・リンキング、加工、仕上げなど
      各工程に分かれ、それぞれに専門の業者さんがいる分業システムで成り立ってい
      ます。
       
      こうすることで、生産時間はかかるものの、効率よく大量に、しかも安く作ることが可
      能になるのですが、良いものを少量作るには圧倒的に不向きなシステムなわけです。
       
      そんな事情から、UTO創業時、オーダーニットをやりたいと日本各地のニット産地を
      お願いして回っても、どこも首を縦に振ってくれなかった。

      そこですべての工程を一貫してできる生産工場を自ら作ることになったということです。
      当時は業界に一石を投じたことでしょう。
       
      勝手に破天荒なイメージを抱いていた宇土社長。実物はご覧のとおり、穏やか
      で優しい方です。

       
      実はこの工場見学、わたしたちokurimonoだけの見学ではありません。
      Factelier(ファクトリエ)という、日本初のファクトリーブランド専門通販
      サイトが企画したもの。
       
      先月「ガイヤの夜明け」で放送され一躍注目を浴びたことから、ご存知
      の方も多いかもしれませんね。創業者の山田敏夫さんは、UTO創業時
      の宇土社長を彷彿させる、若き熱き社会企業家です。お会いできそうと
      いうことで、こち
      らも大変楽しみです。

       
      ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
       



      本日の釧路新聞に掲載されました

      • 2014.09.26 Friday
      • 0
        昨日オープン1周年を迎えたokurimonoです。いつも応援してくださり、ありが
        とうございます。
         
        本日(9月26日)の釧路新聞にokurimonoが掲載されました。開店までの経緯
        や今後の抱負などをご紹介いただいています。
         


         
        取材では『どんな時が嬉しいですか?』と質問がありました。
         
        出産(誕生)という人生の大きな節目に当店の商品を選んでもらうことが多く
        そんなときはいつも嬉しく光栄に思うと同時に、身の引き締まる思いがしてい
        ます。
         
        わたしたちも、3年、5年、10年・・・と年齢を重ねられるよう、より魅力的な店づ
        くりを夫婦で目指していきます。今後とも、どうぞよろしくお願いします。

         
        ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ



        モンゴル産カシミヤたっぷりのベビーブランケット再入荷しました

        • 2014.09.24 Wednesday
        • 0
          モンゴル産カシミヤをたっぷり使ったベビーブランケット、再入荷
          のお知らせです。

          うちには赤ちゃんいないし、近々生まれる友達もいないし・・・いえ
          いえ。

          赤ちゃんが使わなくなったら自分用にしようと企むお母さんも多い
          大人仕様のデザインです。濃淡2色のグレーで、リバーシブルの
          2枚仕立て。オフィスのひざ掛けに、お母さんへのプレゼントにぜ
          ひどうぞ!

           

          カシミヤは、年に1頭から200グラム程度しか取れず、繊維の宝石と
          言われるほど高価な獣毛です。その【宝石】を500グラム(3頭分)以
          上使った、ものすごく贅沢なベビーブランケットなんですね、これが。

          昨シーズンは、真冬の寒さ対策用として本州からの注文が多く寄せ
          られました。灯油で家中を温める北海道に比べたら、エアコンで部分
          暖房の本州の冬は、
          北海道なんかよりずっと寒いらしいのです。

          このブランケットが作られたモンゴルは、中国に次いで世界2位のカ
          シミヤ生産国だということはご存知でしょうか?さらにモンゴルにとっ
          てカシミヤ産業は、輸出品目の第3位を占める主産業でもあり、国を
          挙げてチカラが入っているんです。

           
          ソチオリンピックの開会式で、全身カシミヤをまとうモンゴル選手団。ただただ
          見とれてましたっけ。


          GOBIはモンゴルの元国営企業で、原料の買い付けから製品化まで
          一貫して自社で行っています。ちなみに、世界最大級のカシミヤ工場
          を持つ企業としても有名です。

          そんな国のこんな会社だから、この品質でこの値段というのが可能な
          のだろうと思います。だいたい、こんな高級素材を2枚仕立てにして
          かつ赤ちゃん用に・・・という発想自体、他で真似できませんが。

          余談ですが、今は安価なカシミヤ製品は簡単に手に入りますが、逆に
          品質が良い高価なカシミヤ製品を探すのが難しくなりました。

          滅多に出会えない、高品質で真冬仕様のベビーブランケット。今年も
          数量限定販売です。

           
          ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ



          当店は PL保険に入ってます

          • 2014.07.14 Monday
          • 0
            日本初 カシミヤベビー服専門店okurimono店主竪谷の妻です。
             
            PL保険(生産物賠償責任保険)の更新時期がやってきました。
            製造業ではありませんが、輸入品を販売しているので念の為に加入
            しています。
             
            普通はあまり縁がない保険ですよね。私もお店を開くまで自分には
            関係ない法律と保険だと思っていました。ところが意外と身近なん
            です。
             
            消費者の立場から見ると、PL法は消費者を守る法律。PL保険に加入
            しているかどうかで、何かあったときにきちんと対応してくれる安
            心な会社を見分けることができます。
             


             
            PL保険は、企業が製造・販売した製品が原因で発生した事故によっ
            て、他人の身体・生命・財産に損害を与えた場合を補償する保険で
            す。PL法によって、輸入品は輸入業者が製造業者と同様の責任を負
            うと定められています。
             
            2008年に起きたイタリア製自転車「ビアンキ」の事故では、走行中
            に前輪が外れ乗っていた人が転倒。全身麻痺の重い障害が残り、裁
            判では輸入会社に約1億8900万円の支払いが命じられました。メー
            カーではなく、輸入販売業者にPL法が適用されたケースです。ちな
            みにこの自転車、ネット通販を利用して購入されたものです。
             


            厳島神社のこども宝探しゲーム景品。ブーブー鳴くだけのおもちゃにも「製造物
            賠償責任保険付」の文字が。


            さて、ここからが本題です。この法律は当店のような業務輸入にも
            個人輸入したものを販売している人にも適用されます。法人個人
            量の多少、金額も関係ありません。製品が原因で何か事故が起きた
            ら適用されます。
             
            このブログを読んでくださっている方の中に、輸入業務に携わって
            いるけれどPL保険なんて入っていないという方がいたら、万一に備え
            て入ることをおすすめします。何かあったときには、上記のような
            莫大な額の賠償金が課されることがあります。
             
            輸入品の購入を考えている方がいたら、商品の特性によっては販売者
            がPL保険に入っているかどうか確認することをおすすめします。オー
            クションなどに個人で出品している場合は特に要注意です。裁判を起
            こして勝ったとしても、支払能力がない場合は泣き寝入りです。
             
            どうでしょう、身近な法律と保険だということがおわかりいただけた
            でしょうか。ちょっと頭の片隅に入れておいて、輸入品を買うときは
            思い出してみてくださいね。
            ブログランキング・にほんブログ村へ

             



            Les Tricots de Margotのセレブなお客様

            • 2014.06.24 Tuesday
            • 0

               

               
              オンラインショップを始めるきっかけとなったLes Tricots de Margot

              ただいま秋冬の最終調整で大忙しです。代表パスカリンヌさんにこのとこ
              ろのお客様の様子を聞きました。
               
              国別ではイギリスとヨーロッパ(ドイツ、フランス、スペイン、オランダ)が大
              多数で、赤ちゃんの両親や孫のために品質の良い暖かい服を探す祖母が
              購入者の中心だそうです。どこの国も同じですね。
               
              俳優のマット・デイモンとルシアナ夫人がポップアップ・ストアに来店したとか
              最近では
              6月に出産予定のミック・ジャガーの娘ジェイド・ジャガーから注文が
              入ったとの話も聞きました。別世界のセレブも、同じ服を自分の子どもに選ん
              だと思うと親近感が湧いてきます。

               

              ところでジェイド・ジャガーは今月出産予定。秋冬のものを注文するのは少し
              早いような気がします。聞けばこの方20歳で出産した21歳の娘さんがいるそ
              うで、出産後は睡眠も食事もままならない日々が続くことをよくご存知なので
              しょう。さすがと思いました。
               
              マタニティ雑誌には出産準備品のリストなどが付いていて、私も参考にいろ
              いろ準備しました。出産後に必要になったものは、選ぶ暇も買いに行く時間
              もなくて、間に合わせのようになってしまったことを残念に思っています。
               


               
              じっくりと考えたり選んだりできるのは出産前だけ。ジェイド・ジャガーのように
              先を見越して、最低でも3か月後、可能なら半年くらい先まで、生まれてくる赤
              ちゃんのことを考えながら、出産準備品をじっくりと吟味していただければと思
              います。

               



              正しい写真の色を発信する責任

              • 2014.03.31 Monday
              • 0
                先日のパステルカラーの撮影についての続きです。

                ホワイトバランスをマニュアルで調整している話でした。

                特に淡い色はカメラまかせにしてしまうと、色が毎回変わってしま
                います。
                ためしにやってみました。左上が本当の色です。



                撮影はどうしているか紹介します。

                外部ストロボはこんなものを使っています。
                小型ですがこれがないと安定して撮れません。
                場合によっては二台使います。



                撮影は化粧版やすのこを使い、周りには反射板(発砲スチロール)
                をおきます。
                モデルさん撮影するあの板のかわりです。



                カメラは完全マニュアルにするのですが、このメーターでストロボ
                の明るさを測ってカメラの条件を設定します。

                この場合シャッター1/125,f値13



                写真編集用パソコン画面も色の調整します。
                実はみなさんのパソコンやスマートフォンでもこれをしないと見た目が
                変わってしまいます。
                古いモニターではバックライト性能(明るさ)が弱って、調整しきれない
                事もありました。



                ホームページの写真は正しい色を発信するのが、私の責任と考えて
                います。
                ただし、みなさんの画面環境によって見た目も変わってしまうのも事実です。

                この点をご理解いただければ幸いです。

                 



                パステルカラーを安定して撮る責任

                • 2014.03.25 Tuesday
                • 0
                  国内初 カシミヤベビー服専門店okurimono、店主竪谷です。


                  1か月ぶりに商品の撮影をしました。
                  これだけ空いてしまうと、カメラなどのセッティングを忘れてしま
                  います。


                  撮影は自分で行いたかったので、昨年プロカメラマンに3日間特訓
                  していただきました。自宅居間をスタジオにしていますが、息子が
                  寝静まった夜間のみ可能です。

                  カシミヤベビー服など淡いパステルカラーの商品は、カメラ任せに
                  して撮影すると毎回色が違って撮影されてしまいます。そこでホワ
                  イトバランスをマニュアルにします。
                  太陽光、日陰、蛍光灯モードがあるあれです。カメラを買ったばか
                  りのころ使ったことありませんか?でもめんどくさくて自動にしが
                  ちです。


                  私も特訓を受けるまで知らなかったのですが、『18%標準反射板』
                  をいう紙をを撮影しホワイトバランスをマニュアル調整します。こ
                  れを行えばだれが撮影しても、同じ色が撮れる仕掛けです。
                  オンラインショップを運営する責任として、HPで発信する画像には
                  正しい色でなければならないと考えています。


                  今日は正しい情報を発信する責任があるというお話でした。




                   ブログランキング・にほんブログ村へ



                  海外仕入れでイレギュラーなこと

                  • 2014.03.24 Monday
                  • 0
                    国内初 カシミヤベビー服専門店okurimono、店主竪谷です。


                    フランスのカシミヤベビー服ブランドLes Tricots de Margotから
                    追加でベビー服を入荷しました。
                    驚きの事態が。

                     
                    注文したのは、新生児用のセットアップ、サイズは1Mです。
                    空輸便の荷物を解いて、検品を行います。

                    今回の話はこのレギンスです。サイズと足首のゴム編みに注目して
                    ください。


                    検品はほつれ、穴、タグの取り付けなどを見ています。全て検品し
                    無事合格で一旦終了しました。
                    以前のブログにかきましたが、私は買い物をすると初期不良にあた
                    る確率が高いです。いつも検品は緊張します。何せ不具合があった
                    らフランスとやり取りせねばなりません。

                    検品後たたんでいるときに、何か異変を感じました。全て微妙にサ
                    イズ大きく、足首のゴム編みが別モデル仕様になっていました。
                    左が正常、右が不具合品です。


                    【新生児モデル専用の白いカシミヤ糸】で【3か月用レギュラーモ
                    デル】が誤って作られてしまっていたのです。もちろん穴無し50円
                    玉のような幻のモデルです。
                    右は不具合品、明らかに3か月サイズなのに1M表示のタグ。


                    フランスのパスカリンヌさんへ連絡、彼女もびっくりでこのような
                    ことは初めてだそうです。製造場所は中国内モンゴル自治区で何ら
                    かのミスでこのようなことになったようです。もちろんすぐに代替
                    え品を航空便で送付いただくことになり、対応の早さに彼女たちと
                    取引してよかったと思いました。

                    海外との取引は何か不具合があった時苦労しましたが、フランスの
                    このブランドは私たち日本人に親身になって対応してくれます。

                    検品は見た目の不具合に目が行きがちですが、まさかないだろうと
                    いうことも疑ってかかる必要があると勉強させられた事例でした。



                    ブログランキング・にほんブログ村へ



                    ネット通販、購入まで連絡先が不明なお店

                    • 2014.03.11 Tuesday
                    • 0
                      国内唯一の カシミヤベビー服専門店、店主竪谷です。

                      先日、ネット通販トラブルについてのブログをかきました。他にも
                      こんなことがあったという話です。

                      我が家では個人的に手作り石鹸を作っています。材料はネットで入
                      手するので探していたところ、とあるお店を発見しました。こんな
                      お店でした。▼東京都内(住所不明)▼女性が運営(名前不明)
                      ▼購入した方のみ連絡先を教えると記載▼特定商取引法による表記
                      なし▼電話番号不明


                      これにはびっくりしてしまいました。女性だから名前や、連絡先を
                      むやみに公開したくないのかなと想像しました。もしくは意図的に
                      そうしているのかもと思いました。ネット通販では特定商取引法に
                      よる表記はしなければなりません。

                      このお店は、急いでいたりすると住所、運営者のことに気が付かず
                      買い物を進めてしまいます。通常の場合システムやクレジット決済
                      システムを使うので、必ず審査があります。特に特定商取引法によ
                      る表記は厳しく審査されました。しかし、独自でホームページを作
                      ったりする場合は審査されることがありません。。

                      ネット通販では【特定商取引法による表記】があるかどうか確認し
                      ていただき、楽しい買い物をしていただければとおもいます。


                       

                      ブログランキング・にほんブログ村へ